デイサービスでスイカ割りをしよう【マニュアル】

介護施設のレクリエーション
広告

櫻アリス
櫻アリス

結論:利用者様に季節感を感じていただきながら、職員も楽しんでスイカ割りを実施しよう!!
そのために、上司や先輩介護士の力をフル活用しよう!!

櫻絢音
櫻絢音

この記事の対象者は

スイカ割りの実施を検討しているデイサービスの関係者

となっています。

櫻琴音
櫻琴音

この記事を読むことで

スイカ割りをデイサービスのレクリエーションとして

提供することができます。

夏といえば「スイカ割り」!!

 

  • 夏祭り
  • 流しそうめん
  • スイカ割り

 

は、デイサービスのレクリエーションで鉄板のネタです。

 

しかし、初めてスイカ割りをするのに

 

櫻琴音
櫻琴音

スイカ割りをするのに何を準備すればいいのかわからないわ・・・・

と悩むものです。

 

私も初めてスイカ割りをするとき、「何を準備すればいいのかわからず。」上司に叱咤激励されながらスイカ割りを準備したものです。

 

自分たちだけでスイカ割りをするのなら、適当に準備してもそれなりに楽しめる。

 

でも、利用者様に楽しんでいただくとなると、転倒事故予防をしながらなので気を使うものです。

 

今回は、初めてスイカ割りを企画・実施の担当になったデイサービスの介護士向けにマニュアルを作成してみました。

 

あなたのデイサービスの状況に合わせて実施してみましょう。

 

 

櫻絢音
櫻絢音

上司があなたに「スイカ割り」の企画・実施を依頼したということはあなたにその能力があることを見込んでのこと。
不安もあるとは思いますが、まずは楽しんでスイカ割りを実施しましょう。
まずは笑顔でね💖

広告

スイカ割りの目的

レクリエーションの目的はとても重要です。

 

なぜなら、デイサービスで利用者様に提供される全てのサービスに「介護予防」の考え方があるからです。

 

つまり、介護施設のレクリエーションは利用者様のADLを維持・向上させる目的があるということをデイサービスの職員は意識しなくてはいけません。

 

とはいえ、まずは高齢者施設のレクリエーションの目的は利用者様に楽しんでいただくことが1番の目的です。

 

楽しくなければ、利用者様にレクリエーションに参加していただくことすれ難しいからです。

 

それ以外の「スイカ割り」のレクリエーションの目的は

  • 利用者様に季節感を感じていただく。
  • スイカ割りをしながら他の利用者様と交流をしていただく。
  • スイカを割る棒を振り下ろすことで、手首の可動域を広げる。

 

まずは、それを意識しながらレクリエーションを提供しましょう。

 

全介助の方や、車椅子の方、手首に可動域制限のある方も介護士の介助の仕方で参加することが可能です。

 

利用者様の皆様に「スイカ割り」を提供して、笑顔になっていただきましょう。

 

櫻絢音
櫻絢音

結局は、利用者様に「スイカ割り」に参加してもらえればレクリエーションの目的は達成されます。
楽しんでいただける「スイカ割り」提供するために、「スイカ割り」を企画・実施するあなたが笑顔でね。

スイカ割りに必要な準備物

介護業務の9割は事前準備です。

 

どんなに綿密に「スイカ割り」の計画を立てたとしても、準備物がなければ「スイカ割り」を実施することはできません。

 

ここで、スイカ割りに必要な準備物を確認しておきましょう。

スイカ割りに必要な準備物

  • ブルーシート
  • スイカ
  • スイカを転がらない様にするもの(輪投げ用の輪が最高です)
  • スイカを割る棒(私の元職場では、バットを使用しています)
  • 包丁
  • 目隠し用のタオル
  • まな板

 

最低、これぐらいの準備物は必要です。

 

デイサービスの状況や利用者様の特性によって追加で必要な準備物もあるので事前にシミュレーションをして、追加で必要な準備物がないか確認しておきましょう。

櫻絢音
櫻絢音

初めて「スイカ割り」を企画する場合、上司や先輩介護士に協力を仰いで計画を進めていきましょう。
あなたのデイサービスで特に注意しないといけないポイントを押さえておきましょう。

おすすめのスイカ

スイカ割りの計画〜実施までの流れ

櫻琴音
櫻琴音

「スイカ割り」ってどうやって計画を立てればいいのかしら?
具体的に何をやればいいのかわからない・・・・。

スイカ割りの計画書を作成(確認事項)

まずは、レクリエーションを企画するときに計画書を作成しておきましょう。

 

わからなければ、「言語化」する。

 

特にレクリエーションはレクリエーション実施の流れを言語化することで、「スイカ割り」を実施するイメージを固めておきましょう。

 

計画書を作成(言語化)しつつ、

  • スイカ割りを実施の流れ
  • スイカ割りを実施するにあたっての注意事項
  • 準備物
  • スイカ割り実施を困難にする状況の把握
  • スイカの調達時期と保存方法
  • 職員の役割分担

を明確にしておきましょう。

櫻絢音
櫻絢音

計画の順番として

1、スイカ割りの実施の流れ
2、準備物
3、注意事項
4、スイカの調達時期と保存方法と場所
5、職員の役割分担
6、その他スイカ割りの実施を困難にする状況の把握

で準備を進めると効率的に計画を立てることができます。

スイカ割りの流れ

櫻アリス
櫻アリス

スイカ割りの流れを説明するよ〜〜!!

当日朝  準備物の保管場所の確認をする。

 

 

 

13:30    デイフロアのテーブルを移動させて、場所を確保する。

     ブルーシートを敷く。

     ブルーシート上にスイカを固定する。

     ブルーシートの上にスイカを固定具を使って置いておく。

13:50     ブルーシートの周りに円を描く様に利用者様に座っていただく椅子を準備する。

 

13:50    利用者様に「スイカ割り」参加の声かけをする。

13:55   スイカ割りを開始する。

    1人ずつ順番に、利用者様に目隠しをしてもらいスイカを割る。

    お席からスイカまで職員が解除する。

    その他の利用者様や職員はどこにスイカがあるのか声で誘導する。

    スイカが完全に割れるまで、スイカ割りを続ける。

14:30  (おやつ準備班)

     割れたスイカを集めて、スイカを切り分ける。

     切り分けたスイカの種を取っておく。

     準備の完了したスイカをお皿に取り分ける。

     (片付け班)

     スイカ割りで使用した道具を片付ける。

     再度使える道具は洗って干しておく。

     ブルーシートも洗って干しておく(乾いたら職員複数人で指定の場所に片付けておく)

     テーブルと椅子を戻して終了。

     (利用者様の見守り班)

     片付け班がスイカ割りの片付けをしている間、利用者様に

     レクリエーションを提供する。

その間のレクリエーションとして

櫻琴音
櫻琴音

できれば、利用者様・職員全員で「スイカ割り」に参加して欲しいですね。
「スイカ割り」みんなでやれば怖くない。

それは、信号のやつやね。

櫻絢音
櫻絢音

注意事項

「スイカ割り」はデイフロア全体を使って実施するレクリエーションです。

 

準備の段階で利用者様やテーブルなどを移動させなくてはいけません。

 

つまり、通常のレクリエーションに比べて転倒のリスクがあります。

 

また、割ったスイカをおやつとして提供するために切り分けなければいけないのでその間の利用者様の見守りも必要となります。

スイカ割りの実施の際の注意事項

  • 利用者様がスイカを割るのに移動する際、常に職員がそばにいる。(いつ体のバランスを崩してもすぐに支える位置で見守りをする)
  • スイカ割りする際に、利用者様全体を見守りをする職員を最低1人はつける。
  • スイカを切り分けるまな板と包丁は、切り分ける直前までデイフロアではないところで保管しておく。
  • 包丁の使用前、使用後で数を確認しておく。
  • 食事形態や持病の関係で「スイカ」を食べることのできない利用者様をあらかじめピックアップしておき、別のおやつメニューを準備しておく。
  • スイカ割り自体はすぐに終わってしまうので、全体でできる別のレクリエーションのメニューも準備しておく。
  • 歩行時、床面が濡れている場合があるので転倒しないように利用者様の様子や床面を確認しておく。
櫻絢音
櫻絢音

利用者様の転倒と同じく、包丁の管理も利用者様の命に関わります。
使用の前後で必ず、数の確認をしておきましょう。

まとめ

櫻アリス
櫻アリス

「スイカ割り」計画〜実施までのポイント

・「スイカ割り」の目的をおさえておく。
・まずは、スイカ割りの計画書を作成して言語化して、当日の流れのイメージを固めておく。
・事前の準備は万全にしておく。
・利用者様の転倒には注意する。
・使用前後で包丁の数を確認しておく。
・職員・利用者様全員参加で「スイカ割り」を楽しもう!!


夏の風物「スイカ割り」を実施すると利用者様は喜びます。

準備は大変ですが、介護士としての喜びはこれに勝るマモはありません。

ぜひ、「スイカ割り」を企画・実施してください。

コメント

トップへ戻る